1. ホーム
  2. papa@home with KIDS
  3. papa@基地
  4. Vol.3 影絵で遊ぼう「指で作る影絵をやってみよう」
パパと遊ぶ
家の中で、手軽に楽しくできる遊びや学習のご紹介 papa@リビング 子どもにちょっと自慢できるアイデアがもりだくさん。一緒にやって楽しもう。
papa@基地

準備

まずは映す場所、つまりスクリーン。昔は障子などに映して気軽に遊べましたが、今は障子のある家も少なくなりました。でも、お家のなかに白っぽい壁があれば、それでもOKです。適当な壁がなければ、障子の代わりに白い布を用意しましょう。白いシーツでも大丈夫です。
それから、光源を用意します。懐中電灯、ランプ、ハロゲンライトなんかあるといいですね。ただし、熱くなるものもあるので、火傷や火事には充分注意してください。蛍光灯は、影がはっきりしないのであまり適していません。また、単光でないと、影が二重三重に見えてしまいます。家にあるあかりをいろいろ試してみてください。
次に、部屋の扉やふすまを開けたところに布を張り、部屋の電気を消します。
さあ、これで準備万端。さっそく、はじめましょう!

<その1>指で作る影絵をやってみよう

用意したライトをスクリーンにあて、スクリーンとライトの間に手をかざします。スクリーンに近づけると、影ははっきり映りますが、あまり大きくならないので迫力に欠けます。逆に手を光源に近づけると影は大きくなりますが、輪郭がぼやけていきます。ちょうどいい位置を工夫して、影絵をする「ステージ」に決めましょう。

ではここで、昔ながらの指を使った影絵をご紹介します。

薬缶(やかん)

子どもの手で作ると、小さな薬缶ができてかわいいですね。

ゴリラの横顔

下の手の親指を上下に動かすと、ゴリラの下あごが動きます。

キツツキ

右手の指がつりそう!
ムリしないで楽しみましょう。

では次に、親子で大きな影絵に挑戦!

  • 印刷する
戻る
このページのTopへ